目元のしわを改善して実年齢よりも若く見られよう

目力の調節をはかる

目

パッチリした目を演出

自分の顔をメイクするとき、下地クリーム、ファンデーション、チーク、眉毛、口紅等、色々な部分で色々な化粧品を使いますが、女性が一番力を入れるのがアイメイクであるという人も多いでしょう。アイメイクと一言で言っても、ビューラーでまつげをあげ、マスカラをつけ、アイラインを書き、アイシャドウで立体感を演出する等、色々なメイクの過程があります。まつげが長い人の場合、ビューラーでまつげをあげて、マスカラをつけるだけでも、ぱっちりした目力のある目元を演出することができるので、付けまつ毛やまつ毛エクステを不要と感じる人が多いでしょう。そのような場合は、自分好みのぱっちりした目元を演出できるように、マスカラの種類にこだわると良いです。

アイメイクのやり過ぎ注意

まつげが長い人は、ビューラーでまつげをあげて、マスカラをつけるだけでも、結構な目力になってしまうことが多く、アイメイクをやり過ぎてしまうと、逆に、目元の印象が強すぎてしまうことがあります。まつげが長いことは、一般的には、うらやましがられることも多いですが、アイメイクのやり過ぎに注意しないと、きつい印象を与えてしまうこともありますので、メイク本等を鵜呑みにして目力を強調するよりは、アイメイクをやり過ぎず、目元の印象をおさえることも大切になってきます。特に、女性からすれば、目元がぱっちりしていても問題ないかもしれませんが、男性目線では、あまりに大きな目元が演出されていると、こわい印象を持たれてしまう場合もありますので、まつげが長い人は、アイメイクのやり過ぎに注意が必要です。

Copyright © 2016 目元のしわを改善して実年齢よりも若く見られよう All Rights Reserved.